歯ぐきが腫れる、血が出る【歯周病治療】

これも歯周病のサイン!? あなたも歯周病かもしれません

歯周病は、プラーク(歯垢)に生息する歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こし、歯を支える顎の骨を次第に溶かしていく病気です。放置すると最後には歯が抜け落ちてしまうことがあります。また、痛みなどの自覚症状に乏しいため、かなりひどくならない限り自分では気づきにくいのも特徴のひとつです。

歯周病は日本人の約8割が感染している罹患予備軍で、日本の国民病とさえいわれています。免疫力にも関係しており、成人、特に30代以上の方は歯周病に要注意です。あなたも歯周病になっているかもしれません。次のチェックリストで歯周病のサインを見逃していないかしっかりチェックしてみましょう。

いかがでしたか? いくつチェックが入ったでしょうか。一つでも当てはまる症状があれば、歯周病の可能性が高いです。歯周病で歯を失ってしまう前に、適切な処置を受け進行を抑えましょう。症状がある方は、お早めに当院へご来院ください。

歯周病の進行段階

初期 中期 末期
初期 中期 末期

歯の周囲や歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)に、歯石が溜まり始めている状態です。まだ、歯を支える顎の骨は溶かされていません。

この段階では、自覚症状はほとんどありませんが、ブラッシング時に出血などがあります。

歯ぐきが下がって、歯肉に覆われていた象牙質が露出し始めています。そのため、歯が伸びたように見えることも。すでに顎の骨は溶け始めています。

象牙質の露出によって、神経に刺激が伝わりやすく、しみる症状があります。歯ぐきからの出血や膿、ひどい口臭などが起こります。

歯の周囲だけでなく、歯周ポケット内部まで深く歯石が付着しています。歯ぐきの炎症もひどく、顎の骨もほとんどが溶かされています。

指や舌で触れたときや咬み合わせたときにグラつきが感じられます。毎回のようにブラッシングで出血します。

当院の歯周病検査方法と治療法

歯周病の検査

歯の揺度検査

歯周病の進行とともに生じる「揺度(歯のグラつき)」を調べる検査です。ピンセットで歯をつまみ、左右・前後・上下に動かして揺度を測定します。

レントゲン検査

歯を支えている顎の骨(歯槽骨=しそうこつ)がどれくらい溶かされているか、レントゲン撮影で確認します。

歯周病の治療法

歯周病の治療の基本は、歯周病菌が生息するプラークをお口の中から減らすことにあります。また、プラークの死骸であり、プラークを引き寄せる歯石の付着は歯周病を悪化させるため、歯石の除去を優先して行います。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケットの内側深くに付着した歯石や汚染部位(歯肉)を取り除く処置です。しっかり除去するため、局部麻酔を施して行います。

治療後のメインテナンス

歯周病も、虫歯と同じお口の中の歯周病菌が原因の感染症です。治療をしても再発するリスクがあります。また、免疫力が低下すると進行しやすくなりますので、治療後も適切なメインテナンスを続ける必要があります。当院では、よりよい口腔内環境をキープし、新たな病気を予防するためにも、数ヶ月に一度の定期検診を受けることをおすすめします。

歯をクリーニング・予防したい【予防歯科】