咬める入れ歯にしたい【入れ歯】

失った歯を補う補綴(ほてつ)治療~入れ歯・義歯~

歯を失ったときにそのまま放置すると、周囲の歯が倒れこんできたり、咬み合う歯が伸びてきたりと、お口の中のバランスが崩壊するリスクが高まります。歯を失ったら、すぐに失った部分を補う補綴(ほてつ)治療を行いましょう。

補綴(ほてつ)治療の中でももっとも歴史があり、さまざまな症例に対応できるのが「入れ歯」治療。歯型を取るだけですので、身体への負担が小さいのが特徴のひとつです。しかし、入れ歯は患者さんのお口にぴったり合ったものを作らないと、しっかり咬めない、会話がしにくいといった生活への活力を損なうようなデメリットを生み出します。

当院では、快適に使える精密な入れ歯づくりや調整を通して、豊かな生活をサポートしています。現在お使いの入れ歯が合わなくってきた、痛みや違和感がある、他院で作った入れ歯に不満がある、調整や再作製をしたいという方は、当院へお気軽にご相談ください。

保険入れ歯と自費入れ歯の違い

入れ歯づくりでは、患者さん自身に「保険適用の入れ歯」か「自費で作り入れ歯」を選択していただくことになります。大きな違いとしては、使用できる素材が異なること。保険と自費の違い、メリット・デメリットをしっかり理解して、ライフスタイルに合った入れ歯を手に入れましょう。

 

保険適用の入れ歯

保険適用の入れ歯

自費の入れ歯

自費の入れ歯

特徴 素材が歯科用プラスチックに限定される。使い心地に違和感が生じることがあるが、安価に作れる 素材・タイプなど選択肢が豊富で、最新の技術が使われた高品質な入れ歯が作れる
メリット
  • 安価に入れ歯が作れる
  • 比較的短期間(約1ヶ月)で治療が完了する
  • 修理・調整が簡単にできる
  • さまざまな種類の素材・タイプの中から選べる
  • 壊れにくく、丈夫で長持ちする入れ歯ができる
  • 使い心地のよい入れ歯ができる
  • 清潔さを維持できる
デメリット
  • 使い慣れるまで違和感がある
  • 床が厚くなり使い心地が悪い
  • 食べものの温度が感じにくい
  • 耐久性に乏しい
  • 清潔を維持するのが大変
  • 壊れやすい(修理もしやすい)
  • 部分入れ歯は金属バネしか選択できない
  • 一度作ると調整が難しいことがある
  • 壊れにくいが、壊れたときに修理がしにくい
  • 金属バネを使用しない部分入れ歯も可能

当院の取り扱い入れ歯紹介

ノンクラスプデンチャー
「クラスプ」とは部分入れ歯の「金属バネ」のこと。ノンクラスプデンチャーは、特殊な樹脂を使ったお口へお吸着がよい部分入れ歯です。

[メリット]

  • 金属バネがないので、支えとする歯への負担が軽減される
  • 吸着がよいのでしっかり咬める
  • 見た目に入れ歯を使っていることがわかりにくい
  • 薄く軽い入れ歯ができる
  • 金属不使用なので、金属アレルギーの心配がない

[デメリット]

  • 熱に弱いので高温に注意が必要
  • 一度作ると修理がしにくいものがある
  • 汚れが付着しやすいことがある
  • 自費診療のため比較的高額
金属床義歯
お口の粘膜に触れる部分、入れ歯の床に金属を使用した入れ歯です。

[メリット]

  • 熱伝導のよい金属を使用するので食べものの温度を感じられる
  • ほとんどの症例に対応している
  • 薄く軽く、装着感のよい入れ歯ができる
  • 汚れがつきにくい

[デメリット]

  • 自費診療のため比較的高額
  • 一度作ると修理が難しい
  • 体質や選ぶ金属の種類によっては、金属アレルギーの心配がある

治療後も定期的にメインテナンスを行いましょう

人間の身体は刻々と変化していますので、人工物である入れ歯は次第に合わなくなってくるものです。ぴったりお口に合わせて作った入れ歯でも、定期的に調整を行いながら使用する必要があるのです。また、虫歯や歯周病でこれ以上歯を失うことのないよう、定期的にお口のメインテナンスも行うことが重要です。入れ歯になってしまったからと諦めてしまわずに定期的にメインテナンスを受け、残った健康な天然歯を大切に守りながら快適な入れ歯生活を送りましょう。

歯の根っこは残します【残根上義歯】