子どもの歯を守りたい【小児歯科】

お子さんの歯についての心配ごとは当院へご相談を~小児歯科~

お子さんの歯の健康管理で重要なことは、治療ではなく予防です。いずれ永久歯に生え替わるからと乳歯の虫歯を軽視される方がいらっしゃいますが、乳歯の虫歯は永久歯の生え方や虫歯発症率などに大きな影響を与えます。また、小さなお子さんにとって、自分で歯の健康管理をすることは不可能ともいえます。小学校中学年くらいまでは、親御さんがしっかりと見守ってあげる必要があります。

虫歯はきちんと予防できるお口の病気です。もし、虫歯になったとしても、早期発見・早期治療ができれば、お子さんへのダメージも小さく抑えられます。虫歯がないうちから歯科医院へ予防のために通う習慣を身につけさせてあげましょう。当院の小児歯科では、お子さんの歯を守る親御さんのサポートも行います。一緒になって、将来のお子さんのお口の健康を守りましょう。

当院は歯科校医を務めています

親御さんにお願いしたいこと

お子さんの歯を虫歯から守り、健やかに成長を促すために大切なポイントをご紹介します。

ポイント1

食育でよりよい食習慣・生活習慣を

歯は食事をしたり会話をしたりするときに欠かせない役割を持ちます。歯の大切さを伝えるとともに、食育、規則正しい生活習慣など、歯の健康に役立つことを身につけさせてあげましょう。

【こんなお約束が効果的】

  • おやつは時間を決めて楽しもう
  • 甘いお菓子(糖分の多い食品)より果物やお野菜をおやつに
  • 食べた後、寝る前にはデンタルケアの習慣を

ポイント2

お口周りのクセは早めに改善を

お子さんの身体は柔軟性があるだけに、ちょっとしたクセがその後の歯並びに悪影響となることがあります。指しゃぶり、爪咬み、ほおづえなどのクセに気がついたら、できるだけ早めにやめさせてあげましょう。

ポイント3

ポイント3	虫歯菌の家庭内感染を防ぐために

ミュータンス菌をはじめとする細菌に感染することで、虫歯になります。生まれたての赤ちゃんのお口にはこれらの細菌は存在せず、生活の中でご家族から感染することがほとんど。しかし、どんなに気をつけていても感染を100%防ぐことは困難です。次の点に注意して、お子さんを虫歯から守ってあげましょう。

【赤ちゃんが虫歯に感染しないために】

  • 親御さんをはじめご家族のお口の中から虫歯菌の数を減らしましょう
  • 食べものの口移しやスプーン等の食器の使い回しはやめましょう
  • キスなどの接触を控えましょう

ポイント4

デンタルケア習慣を身につけよう

虫歯予防にもっとも重要となるのが、デンタルケアの習慣です。毎日のブラッシングを丁寧に行うこと、正しい虫歯予防の知識を身につけること、そして、歯科医院へ定期的に通いセルフケアでは補いきれない部分を専門家にケアしてもらうことが大切です。お子さんへは、ブラッシング習慣を身につけるとともに、歯医者への通院に抵抗感や恐怖心を抱かせないように気をつけてあげましょう。

当院の小児歯科メニュー

ブラッシング指導

当院のブラッシング指導では、お子さんの歯の生え方、お口の状態、発達段階に合わせて適切なブラッシングの仕方を指導しています。お子さんへの指導と同時に、親御さんの仕上げ磨きのコツなどもアドバイスしています。わからないことや心配なことがあれば、何でもお気軽にご相談ください。当院は、小学校や保育園で歯科校医を務め、定期的に歯ブラシ指導を行っています。

フッ素塗布

歯質が弱く虫歯になりやすいお子さんの生えたての歯に、歯を強くして虫歯への抵抗力を高めるフッ素を塗布します。市販のフッ素よりも強力な効果を発揮。定期的なフッ素塗布が効果的です。

【定期検診をぜひお受けください】

定期検診をぜひお受けください

成長期のお子さんの口腔内の変化は、大人の比にならないほど著しい変化があります。また、歯並びが与える骨格への影響は小さくありません。虫歯予防はもちろん、全身の健やかな成長のためにもお口の定期検診は大変有効です。当院の予防歯科を活用して、お子さんの将来のお口を守っていきましょう。

歯をクリーニング・予防したい【予防歯科】